×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地上デジタル放送といままでのテレビ放送との違いについて?

地上デジタル放送とは、2003年12月から開始された新しい民放テレビ放送です。
地上デジタル放送は、2003年12月の放送開始直後では東京・大阪・名古屋の3大都市圏の一部地域からはじまり、段階的にエリアが拡大され2012年を目処に全国を網羅しようと計画されています。
いままでのテレビ放送との違いは、ハイビジョン放送並の高画質が得られ、さらには臨場感溢れるサラウンドも楽しむことが可能になる予定です。
クイズ番組などにリアルタイムに視聴者が参加できたり、情報を取り出したりできるの双方向番組にも対応したり、高齢者や障害者にも優しい福祉サービスなどもしてくれるそうです。
そうすることで、地域密着型番組がより一層身近な番組が出来上がります・・・。地上デジタル放送は、ゴーストのない映像およびノイズ等で画像が2重、3重に映ったり、揺れたりする現象がなくなるでしょう。

地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式との具体的な違いについて・・・

地上デジタルテレビ放送は、従来のアナログ方式と比べて、より高品質な(ゴーストや雑音のない)映像と音声を受信することができる新たな放送です。
現代の生活のなかで最も身近な「テレビ」もデジタル化によって、今までにない豊かで便利な新しい世界を実現します。
地上デジタルテレビ放送の特徴ゴーストがなくなります!アナログテレビ放送では、受信者に届くまでに、雑音で映像音声が劣化したり、高い建物などの影響で反射によるゴーストが起こることがありますが、デジタルテレビ放送では、ゴーストはなく、高品質の映像・音声が届けられます。デジタルハイビジョンが楽しめます!今までのアナログテレビ放送1チャンネル分の電波でデジタルハイビジョン放送することが出来ます。ハイビジョン映像は16:9のワイド画面、走査線の数が1080本、また、CDなみの高音質でまるでその場にいるかのような臨場感と迫力を楽しめます。
1チャンネルを分割して2〜3番組の同時放送も可能です!地上デジタルテレビ放送では、デジタルハイビジョン放送1チャンネル分で、現行のアナログテレビ放送と同等の標準画質の2〜3番組を同時に放送することができます。
これにより、例えばスポーツ中継の延長時などに、メインチャンネルで時間通りドラマを放送しながら、サブチャンネルでスポーツ中継を引き続き楽しむことができます。高齢者や障害がある方にやさしいサービスが充実します!字幕放送が楽しめます!
字幕放送とは、セリフやコメントを文字テロップで表示するサービスです。地上アナログテレビ放送の場合は、特別なアダプターが必要でしたが、デジタルテレビ放送では、受信機の標準機能として字幕放送を楽しむことができます。
また、番組によっては生放送も字幕付きで楽しむことができます。解説放送も楽しめます!

さらに、テレビ デジタル放送はここが違う!!

ドラマなどの筋書きを音声で紹介する解説放送を楽しむことができます。音声速度も変えられます!
受信機器によってはアナウンサーの声をゆっくりしたスピードで聞くことができる話速変換装置を内蔵した地上デジタルテレビが登場しています。いつでも、ニュースや天気予報などの情報が見られます!データ放送はリモコンボタンを押すだけで、ニュース、気象情報や交通情報など、暮らしに役立つ便利な情報を見たいときにいつでも見ることができるサービスです。
また、番組内容と連動しているデータ放送が行われている場合もあります。例えばドラマなら、番組を見ながら、あらすじや登場人物を確認したり、スポーツなら、試合経過や選手紹介などを見ることができます。 クイズやアンケートなど番組への参加が可能になります!双方向機能は受信機器に※電話回線やインターネット回線をつなぐことにより、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる機能です。
リモコンの操作で視聴者参加型の番組、例えばクイズやリクエスト番組などに参加できるようになります。
地上デジタルテレビ放送により、介護サービスの申込みや各種公共施設の予約などが、テレビを通じて行えるようになり、家にいながら各種行政サービスの手続きを済ませることが可能となります。
サーバ型放送ホームサーバと組み合わせて、あらかじめ希望する番組などを指定し、蓄積しておくことで、見たいときにいつでも見ることができるサービスも検討されています。

Copyright © 2008 さらに、テレビデジタル放送はここが違う!!